上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top ▲
移植26日目 体温36.81度

量はおちついたもののまだ出血は続いている。
今日は採血の前に内診だった。ラッキーにもこの病院で一番好きなK先生だったのでホッとする。
「これが赤ちゃんの心臓だね、見える?」 ?!そう言われればなんとなくピクピクしたような。。
「すみません、よくわからないです・・」
「ちょっと息止めてみて」
結局はっきりわからなかったけど思いがけなく心拍確認ができた。
”赤ちゃんの心臓”という言葉に胸が熱くなる。

処置室で採血するとき看護師さんが「今も出血してます?」と聞いてくれたのでハイと答えると、中待合室にあるベッドに横になるよう言ってくれて案内してくれた。そんなに一大事なんだろうか・・・不安。
「今先生に指示を聞いてきますからその間ここにいて下さいね」と言って去って行った。
このベッドは中待合室の中にカーテン1枚で仕切られた簡単なベッドなので事の次第は中待合室で待ってる人たちにはすべて伝わってしまう。

ベッドで20分くらい待っていたらさっきの看護師さんが戻ってきて
「いま副院長に連絡取れました。今日は注射したら採血結果を待たずすぐに帰宅してください。今の状況は出血層が赤ちゃんを圧迫してるのでとにかく横になってフラットな状態でいて下さい。いまはまだ赤ちゃんが小さいので圧迫に負けない大きさになるまで待つしかないです。中には負けてしまう赤ちゃんもいますが・・・あとはcocoさんの努力次第です。」
負けてしまう赤ちゃんもいるんだ。私次第・・・。

今日の超音波写真をもらい、プロゲデポー125単位を打ってもらった。初めて止血剤が処方されてもっと早い時期にくれたらよかったのになんて思ってしまう。
会計の方が呼びに来てくれてベッドから出た時、案の定中待合室にいる人たちの視線をいっぱい浴びた。私もそうだったようになかなか治療が思うように進まないとき「赤ちゃん」の言葉はあまり聞きたくないはず。。。

こんな過酷な状況の中でもがんばってくれてるこの子に感謝の気持ちでいっぱい。
どうか負けないでほしい。この子を守れるのは私だけだ。

スポンサーサイト
2007.03.27 Tue l 不妊治療 l top ▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。